seigoro Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶食と解放

<<   作成日時 : 2009/06/23 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

ダイエットの話題ではないです
5月中旬に行なわれた会社の健康診断の結果が
コイワUの翌々日に届きました。
紹介状のおまけ付きでした。

自覚症状は全くなかったんですが、
過去に父が癌の手術を受けているので、
やはり遺伝はあるのか…と落ち込んだのが正直な気持ちです。

精密検査が必要とのことで、
早速その翌日に近くの大きな病院に行き、検査の予約と採血を。
そして本日、大腸内視鏡検査というものを受けてきました。

今後、同じ経験をされるであろう方のために、
ここに検査が終わるまでの経緯を残しておきましょう。

さて、検査のために身体の中を空っぽにしないといけないということで、
食事は前日のお昼ご飯まで。
検査が終わるまでの約30時間近くは一切食事なし。
これだけの長時間何も食べないというのは初めての経験でした。

ちなみに前日から食べてはいけないものは、
海藻類、きのこ類、ねぎ、イカ、コーン、ごま、
キウイフルーツなどの粒や種のあるもの。
要するに腸の壁に付きやすいものはご法度だそうです。

前日の夜7時には下剤(ラキソベロン)をコップ一杯に薄めて飲みました。
下剤を飲むのも初体験。
しかし、いつ来るのかいつ来るのかと待てど暮らせど全く気配なし。
結局8時間後の真夜中に襲ってきました

検査当日。
朝7時から腸管洗浄剤(ニフレック)2リットルを2時間かけて飲みました。
説明書に書いてあるとおり1時間後からトイレとお友だち。
ビロウな話ですみません。

家を出る14時には空っぽでした。
体重を測っておけばよかったな。

車なら20分ぐらいの病院でしたが、麻酔をするので車は禁止。
時間をかけてゆっくり歩いて行きました。
何も食べてないと力が出ないもんですね。
歩くのは人一倍早い方ですが、スピードが出なかったです。

病院に着き、受付を済ませてからは売店で検査用パンツを購入。
どんなもんかと思ったら、
薄いブルーでブルマよりはちょっと丈が長めの紙製パンツ。
お尻のところだけ縦に大きく穴が開いてます。
ああ、ここからやられちゃうのね。
ボク、こわい。。。

名前を呼ばれて、まずは更衣室で着替え。
靴下を脱ぎ、パンツを履き替え、素肌に浴衣みたいなものを着用。

初めは点滴。
仰向けに寝かせられて、ちょっと痛いですよと右手に針を刺されました。
今まで注射も献血も平気だったけど、これは痛かったです。

「ごめんなさい。もう一度やり直しますね。」
えっ!
失敗したらしく、今度はかなり手首寄りのところに刺されました。
めちゃくちゃ痛かったです!!

点滴ごときだけど健康でいることの大切さを痛感しました。
たまには入院でもしてのんびり生活もいいかなあ。
ひとときでもこんなことを思ってしまった気持ちを改めました。
こんなに痛いのはもうやだ!
絶対に健康でいるべきです!

さて、いよいよ検査。
検査台に仰向けに立て膝で寝かされてから、
そのままお尻を突き出すように横になってくださいと言われました。
ぼぉーっとする注射を打ちますよーと言われてから、
…犯されました。

しばらく記憶がないです。

少ししてから目の前にあるモニターを見る余裕が出てきました。
腸内をカメラが進んでいる映像です。
途中に何かあるのかな、とおっかなびっくりで眺めてましたが、
何もありませんでした。

結局、腫瘍は見つかりませんでした。
異常なしでした

ここでポリープが見つかれば、そのまま切除。
次週も来院って流れだったんですが、
来週は来なくていいですよ、ということになりました。

良かったあー!
今、1年の中で最も仕事が忙しい時期にきているので、
来週も休まなければならない状況に困っていたところでした。
土日の休日出勤は何とか回避できるかな。
仕事嫌いなのに、まず頭の中に浮かんだのはこれでした。

さてさて、今回の検査は局部を見せなければならないってことで、
検査前はとにかく恥ずかしさが先に立っていたんですが、
穴開きパンツのおかげで何てことはなかったです。

お尻の穴は、痛くも痒くもなかったです。
検査後には「ゼリーをちゃんと拭いてくださいね」って。
なるほど、そんな処置もされていたわけですか。

それから、空気を入れながら検査をしたんで、
「おならはどんどん出してください」って言われました。
なるほど、お腹が少し張って痛い感じがありました。
ここは遠慮なく…

検査に要した時間は、約1時間半。
今回の検査で支払った費用は、
個人の医療費負担30%分というところで8,830円。
手術には至らなかったので、思っていた以上に安く済みました。


帰りは、またまた結構歩かなければならないので、
途中のコンビニでツナマヨおむすびをパクつき、
最寄りの駅からは300円分の菓子パンを道々パクつきました

それでも満たされず、帰宅後は
冷し中華2人前をゆでて、卵の薄焼き、きゅうり、ハムを刻んだものを乗せて
ペロッと平らげました。

「食」にはあまり興味も欲求もないんですが、
食べる楽しみってあるんだなあってのが今回感じた一番のことかな。

で、そのままいつの間にか気絶していたようです。
目覚めたら21時半でした。
…食事後の記憶がないです

5月初めから良くない診断結果が2回続いたので、
精神的にも疲れていたんだろうな。

とりあえず、ホッとしています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
検査の結果がなんともなくてよかったですね。
人間ドックは痛いし、けっこう辛いからできれば受けたくないんだけれど、やはり早期発見・早期治療にはかかせませんね。
リスト大好き
2009/06/24 02:55
ひぇぇぇぇっ。朝から手に汗にぎっちゃいました。
痛くも痒くもないってのが正直わけわかりませんが、
本当にお疲れ様でしたmmm。
 結果オーライ、好きなものいっぱい食べましょうね♪
えつ
2009/06/24 08:17
リスト大好きさん
コメントありがとうございます。

しかし何で出たんでしょうね?
2回続けて陽性結果が出たので、
これは覚悟しなきゃダメかなと思っていたんですけどね。
まあ早期発見のための検査、何もなくて何よりでした(^^)
せいごろう
2009/06/24 23:16
えつさん
コメントありがとうございます。

驚かせてしまってスミマセン!
ホントに何かあったらここには書けませんよ(^^;
実は最後にカメラを抜くときはちょっと気持ち良かったです。
好きなもんいっぱい食べますよ〜!
辛いもんとか刺激物大好きですから♪
せいごろう
2009/06/24 23:18
私の母もよくストレスで大腸から出血しちゃうので大腸の内視鏡検査をやってます。
昔、手術をした事あるのでその部分をカメラが通過する時に「ぬぉぉぉぉぉぉ」と悶絶するそうです(癒着しちゃってるんですって。こわっ)

なので、この日記を読んで人ごとには思えなかったです。。。
何もなくって良かった。。。
カメラ抜く時に気持ちよかったという余裕があって良かったです(爆)

体調不良や発表会などが重なっていたのでしばらくはゆっくりしてくださいね♪
みき
2009/06/25 00:40
キョエービックリしちゃいました・・・
確かに何かあったら普通書けないですもんねぇ(≧∇≦)
病気は遺伝的な可能性も高いと言いますし心配でしたね。
私も以前とある腫瘍を取ったのですが陽性の可能性は低いと言われていたけど結果が出るまで生きた心地しなかったですからねぇ。すんごく分かりますよ。
何も無いと言われれば胸につっかえていたものがスッと取れたのではないでしょうか。
人間ドックで大腸の検査イヤでパスしちゃってたんですが(病院の人がどちらでもいいと言うので(´〜`*))今度から受けますぅ・・・
ゆりゆり
2009/06/25 23:19
みきさん
コメントありがとうございます。

ストレスからくる出血ってのもあるんですか!
お母さまがそうだとは心配ですね。
私の父も1ヶ月前に再検査したばかりでした。
父も幸い何も見つからなかったんですが、
まさか自分がすぐに同じ検査をやることになるとはね。

からっぽの腸の中って綺麗なもんですね♪
カメラがズンズン奥に進む映像も面白かったけど、
一番可笑しかったのは最後にスポって抜かれたとき、
モニターいっぱいに肛門さまが大写しになったこと!!
びっくりと恥ずかしさと気持ちよさが…(^^;;;

しばらくゆっくりできるといいんですけどね。
7月中旬までは仕事が猛烈に忙しくて毎晩遅いんですよ。
ピアノの練習をしっかりしたいなあって感じです♪
せいごろう
2009/06/25 23:51
ゆりゆりさん
コメントありがとうございます。

毎度人騒がせをしておりますぅ…(^^ゞ
遺伝の話は父が手術をしたときにお医者さんから
「君も気をつけたほうがいいよ」
って言われてたので、ちょっと怖かったです。
趣味のピアノも然り、太く短くかなって考えたりしてね(^^;

ゆりゆりさんも以前別物であったとは大変でしたね。
とにかく今はホッとしてますよ。
大腸検査をする人はすごく多くて混んでるみたいです。
私の番が来るまでの待ち時間、
周りにいた人はみんな切除して食事の注意をされてました。
早期発見・早期治療なら何てことはないので、
便の検査で引っ掛かったらすぐにやった方がいいですね♪
せいごろう
2009/06/25 23:54
以前、私も内視鏡検査を受けました。
麻酔は肩に打たれました・・・
異常なしでしたが、先生が・・・かっこよかった(笑)ので
ちょっとはずかしかったですぅ・・・

こういうのって、やっぱり、結果出るまでドキドキですよね
血圧あがっちゃう・・・
せいごろうさん、異常なしでよかったね。
あいこちん
2009/06/26 01:35
あいこちん
コメントありがとうございます。

同じ検査を受けたことがあるんですね。
麻酔は腸の動きを抑えるものらしいんだけど、
自分はどこに打たれたんだろ…記憶にない(^^;

私の場合も男の先生でしたが、
補助で看護婦さんが2人もついていたので、
えっ!マジって恥ずかしかったです…。
いろんな意味でドキドキでした!
ご心配おかけしましたーm(__)m
せいごろう
2009/06/26 23:50
何にもなくてなによりです。
当日の苦痛度は内視鏡の方が格段に上でしょうが、
注腸造影はやったことがあるので、前日の大変さは分かります。
食べる方はあまり気になりませんでしたが、あの下剤が強烈でした。
ウォシュレットがほしくなりました
tam
2009/06/27 09:21
tamさん
コメントありがとうございます。

はい、一時は大袈裟にも悲観的になっちゃって
年末は出られるのだろうかと頭の中を過ぎったんですが
無事元気に出られそうです!

前日の大変さは分かりますよね(^^)
私は家の中にいるとちょこちょこ何かしらつまんでいる方なんで
すごい口寂しかったですよ。
こういう抑えがその後の反動に来るんですよね。
ダイエットって過酷だと思います。

下剤は参りますよね。
来たーと思ったらホントにすぐ来るんで気が抜けなかったです。
確かにウォシュレットは欲しかったですよ(^^)
せいごろう
2009/06/27 09:52
ちょっと出遅れちゃいましたが。。。

無事検査終了おめでとうございます。
大腸検査に限らず、周りの上司群(笑)がうけているので
よく話は聞くのですが。
慣れは怖いもので、痛くもないし苦しくもない>胃カメラ
とかいうんですよ〜〜。怖いです・・・
そうそう、せっかくプチ断食したのに体重計らなかったのは
もったいなかったですよね〜。その結果次第では
私もやってみたいです>プチ断食
でもやっぱり反動でリバウンドなんですかね。。。(苦笑)

あ。。。書き散らかしちゃいましたが、やっぱり健康なのは
いいことですね♪検査お疲れ様でした。
まき
2009/06/27 22:52
まきさん
出遅れでも歓迎ですよ。

恥ずかしげもなく尻の穴を出す行為は慣れたくないけど、
言われるように検査自体は大したことないです(笑)
健康でいるための検査なんであんまり痛かったら困りますしね。
でも、点滴の針の痛さには参りました!
看護婦さんが新米だったのかも。
最初に失敗したところが未だに内出血で青くなってますよ。

そう、体重は量り損ねましたがまた機会があれば(^^ゞ
しかし断食から来る反動ってこれなんだなって
めちゃめちゃ実感しましたよ、ホントやばいです!
やめたほうがいいですよ。
やるなら徐々に運動も含めた改善がいいです。
でも健康そうな(?)今のまきさんが私は好きだなあ(^^)

コメントありがとうございましたー♪
せいごろう
2009/06/28 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
絶食と解放 seigoro Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる