連弾ルパンの合わせ練習♪(パート5)

画像









相棒のやすルパンさんと一緒に、
不二子先生のところで2回目のワンポイントレッスンを受けてきました。

まずは予備練習なしでのブッツケ連弾♪

「前回よりもだいぶまとまりましたね
とのお言葉がいただけました。

細部にこだわれば、まだまだだけど、
迫力で聴けてしまう演奏なので
このまま本番にも臨めるレベルには達したみたいです。


この日のレッスンポイントは、
どうもうまく合わないと感じていたところについて
アドバイスを受けることが中心でした。

結論から言うと、
自分のセコンドパートは激しく動きっぱなしなので、
とにかくリズムキープに徹し、
比較的動きに余裕が持てるプリモのやすルパンさんに、
私の右手の動きをしっかり見て合わせてもらう。
ということだそうです。

何度か試してみましたが、光が見えたように感じています。

成功の鍵はやすルパンにありです。
プレッシャーかな?


教室の発表会まであと1ヶ月
いちおういつでも演奏できるまでには仕上がっています。

先生からは、ここまで完成している中で、
本番までに逆に弾き壊さないよう気をつけること
と言われています。

ただのんべんだらりと通して弾く練習で終わらせないように
日々細部にこだわったポイントを絞った練習。
全ての音をフォルテで弾いて鍵盤をしっかり押さえる練習。
ゆっくりなどテンポを変えても弾けるようにする練習。などなど、
いろいろ工夫して変化をつけた練習を続けるよう言われています。


これで連弾ルパンの合わせ練習も5回目。
昨年の「tong poo」はこの段階で本番を迎えましたが、
今年はまだまだ時間的に余裕のある恵まれた状況です。

オオトリの期待に応えられる演奏目指して、
さらに完成度をあげられるよう練習に励みたいと思います。

さてさて、
そろそろソロ曲の方も身を入れてやらないとです…。

"連弾ルパンの合わせ練習♪(パート5)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント