不二子と次元♪

毎週のレッスンの状況をブログに全然記録してなかったですね。
久々に書いてみようかなっと。
ルパンのレッスンは、ゲーム企画の終了後から、
ぼちぼちと始めてました。

まずは、右手のバッキングを正確に入れられるようにすること。
出来るようになったら左手のベースに合わせて弾けるようになること。
って、この左手が超大変なんですけどー。

作ったバーチャル音源でルパンのパートだけを流しながら、
ひたすら、それはもうひたすら練習してました。
おかげでもう楽譜ナシでもいける状態です

先週までのレッスンでは右手だけを見てもらってましたが、
「そろそろ左手を入れて弾けるようにしてみましょう」
と言われていたのと、
「上のパートが入ってみないと練習にならなそうですね」
と、いうことから
「私もプリモパートを練習しておきますね」
ってことで、今回は先生との初合わせを楽しみに出かけたレッスンでした。

教室に着くなり、先生曰く、
「今、練習してたんですけど、この曲あんまり弾きたくないですねー」

そんなぁ~、いきなり凹むなあ。
目の前に弾くのを楽しみにしている生徒がいるのにさー。

どうやらアレンジ的に不満があるのと、
プリモパートの一人練習はつまらなかったようです。
まあ、わからなくもないですね。

とはいえ、気を取り直してレッスン開始です。

いちおう先生は女性なので、イスのことなどを心配してみましたが、
「本番どおり1つのイスでやりましょう」
「ぶつかっても気にしないでいいですよ」
ってことで、先生こと不二子ちゃんとの初合わせ連弾です♪

いきなりイントロからクロス奏法で始まるので、
ほぼ密着体制になります。
「なるほど~これはきゃーきゃー言われそうですね」と先生♪


テンポは少しゆっくりめに弾くことにして演奏スタートです。

ダーンダン、ダ、ダーンダン、ダ、ダッ、ダーン


…いきなりなのに最後まで通しで弾いてしまいました。

ってことより、クロスすると
右腕のうしろが先生の胸に当たっちゃうんで参りました。

「芸術の完成のためには、男も女もありません」
っていう先生なんで、全然気にもしてなかったみたいだけど、
「当たっちゃってスイマセン」
って言うのも逆に変なんで黙ってました。

女性との連弾は気を遣いますね。
やすさんで良かった
どんだけ絡んでもOKですから

さて、演奏直後に先生曰く、
「楽しいですね~♪」「もう1回弾きましょう!」

あのーさっきまで弾きたくないって言ってませんでした~
若干戸惑いながらも、気を良くしてもちろんOKです!

2回目の演奏は、少しノリも出て完成度もあがった感じです。
一緒に弾くたびに息が合うもんなんだなって感じ?

さてさて、演奏直後に先生曰く、
「いや~これは楽しいですね~♪」「もう1回やりませんかっ!」

すっかり先生がノリノリです
いろいろとアドバイスなどを受けてから、今度は録音しながらの演奏を。

しかし、3回目は録音を意識した緊張モードに入ってしまって、
ボロボロな演奏になってしまいました。

でも、ボロボロながらも思っていたよりは楽しい演奏に聞こえたので、
感触的には悪くないなって感じ。

さて、先生だから初めての合わせでも
うまくまとまるように弾いてくれたけど、やすさんとはどうなるかな

いよいよ15日は、やすさんとの初合わせ練習です。
メチャメチャ楽しみです

"不二子と次元♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント