ピアノコンサート、演奏会のあれこれ…

今回の全国ツアー、関東に戻ってきた4/23(木)の
グリーンホール相模大野でのコンサートに行ってきました。

席は1階8列目、教授の斜め後方から見える席。
3回目にして最高の場所でした。

画像
















23日のセットリストは以下のコレ↓でした。
もちろんiTunesでライブ音源が購入できるようになってます。
1曲150円、アルバム単位の購入は1500円。
私はもちろんアルバム購入をしました。

1.glacier
2.Improvisation
3.to stanford
4.hibari
5.composition 0919
6.tango
7.Before Long
8.Perspective
9.1919
10.amore
11.Merry Christmas Mr.Lawrence
12.the last emperor
13.loneliness
14.the sheltering sky
15.Gohatto
16.High Heels
17.bibo no aozora
18.behind the mask
19.happyend
20.1900
21.put your hands up

内9曲は前2回(3/18,19)では演奏しなかった曲なので、
うまいこと選曲が来てるなあって感じながら楽しむことができました。

特筆するのは9曲目の「1919」
これまでトリオによる演奏しか聴いたことがなかったんですが、
弦の部分がピアノに代わるだけでこんなにカッコいいとは。
曲の持つ緊張感も相まってめちゃくちゃ痺れてしまいました
個人的には今回の公演で一番良かったと思ってます。

しかし、ホントに落ち着いて楽しむことができたのは9曲目まで。
10曲目から左隣の人の鼻息の荒さが気になって気になって、
とうとう最後まで集中して聴くことができませんでした…。

ピアノのコンサートだけに会場が静かなので、
ちょっとした音でも気になってしまうものです。

花粉の季節だけに咳をする人も多くて…
とは言え、こればっかりはホントに仕方ないよなあと諦めているし、
本人もツライんだろうなあと同情の気持ちも湧くんだけど、
鼻息で悩まされるとは思わなかったです。

何度か横を向いて、無言のうるさいですよアピールもしたんだけど、
気が付かなかったみたい。
自分も知らず知らずのうちに鼻息が荒くなることはあるんだけど、
ちゃんと注意すれば良かったのかなあと後悔もしたり。

あと困ったのは赤ちゃんの泣き声ですね。
心の広い教授はコンサートに年齢制限を設けてないんだけど、
客席でたまたま近くの席で赤ちゃんが泣かれたりしたら、
もうハッキリ言って台無しです。

親も親だと思うんだよなあ。
自分にも2人の子供がいたのでよくわかります。
折角のコンサートだから来たい気持ちはわかるけど、
子供は伴侶に面倒を見てもらうとか、
親が近くに住んでいるならその時間だけ面倒を見てもらうとか、
どちらもダメなら子供が大きくなるまでは我慢するべきだろう、と。
赤ちゃんは泣くものだし、人の迷惑を気にしないことに頭にきます。

そうそう、思い出したように書いてしまうけど、
教室の発表会では泣かないまでも、
歩ける子供を連れてきては放置している親が多かったです。
演奏中にウロウロさせるのってどうかしてます。
しっかり座らせておく躾ぐらいはしてほしいものです。
いずれにしても親として疑われていることを知るべきですね。


あーあ、最近ブログを書くと、何かしら衝撃的なことを書いてしまう。

うーん、ついでと言っては何だけど、
今時分こんなことを書くと気にされる方がいるのを承知で、
ちょっとだけ書いておこうかな。

あっ、全然不満というのではなくて、
頭が受け付けられないというか、私自身の心の問題の話です。

実は子供の話がダメです。
子供の写真とか見せられたりするのも完全にアウトです。
以前は全くそんなことはなかったんですが、離婚後にダメになりました。
別れて6年、子供に会わせてもらえたことは一度もナシ。
自分から会わせてほしいとは言えない元妻との約束です。

そんなこともあって、子供の話題には敏感になってしまって、
拒否反応を起こすような心を持つようになってしまいました。

妬む気持ち半分ってところなのかもしれないけど、
子供との接触は極力NGってことをご理解いただけるとありがたいです。

決して子供嫌いではないです。
以前は遊園地で子供相手の仕事をしていたぐらいだし、
むしろ得意な方だったんだけど、
自分の子供には会えないのに…と切なくなるんです。

少しずつ回復してきていることは感じているんですけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント