教授のピアノコンサートに行く♪

待ちに待った「Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009」
全国ツアー初日の3/18(水)と19(木)の2日間、
会社帰りに東京国際フォーラムまで行ってきました

18日は2階席16列目の正面。
教授の手の動きと2台ピアノの自動演奏の動きの両方が見えました。
漫画家の浦沢直樹さんが少し前の席にいられたー。(ファンです♪)

画像
















19日は1階席21列目の左手。
教授の斜め後方だったので、手の動きがよく見えました。
ただ、非常口の灯りまで消して会場を真っ暗にする演出をしているのに、
この席はPA卓と並びの列だったので、
操作用の灯りが右目に入ってきて、終始眩しくて困りました。

画像



















初日は会場入りしてすぐにツアーパンフレットを購入。
これが、ものすごく豪華でビックリものでした。
大きさはDVDトールサイズで、
6種類の冊子にCD2枚も付いた箱付仕様。

内1種類の冊子には
会場のロビーに掲示してあったエコ関係のポスターも全て載せてあって感激♪
2日目には携帯カメラで全部撮るつもりでいたんで。

CD2枚の内容はホントに驚きました
教授がピアノで弾きたい30曲というものだそうで、
1枚に15曲づつ収録されています。

しかも既発の音源はわずかで、
過去のライブ音源や新曲を含む初蔵出しの音源ばかりです。
ニューアルバム「out of noise」にはピアノで弾けるような曲がなく、
肩透かしを食らってしまった感じがあったので、
ここで出してきたか、と思わぬプレゼントでした。
「out of noise」も聴き込むほどに、いいアルバムだと思ってるんですけどね。

特に良かったのは、
/04制作時に録っていたという「bolerish」
新録音の「opus」「水の中のバガテル」
新曲の「woman without men」
ソロVer.の「bibo no aozora」
アレンジ違いの「put your hands up」あたりかな♪

さて、初日18日のセットリストは以下のコレ↓
既にiTunesで全曲のライブ音源が購入できるようになってます。
1曲150円、アルバム単位で購入すると1500円です。

1.glacier
2.Improvisation
3.to stanford
4.hibari
5.composition 0919
6.水の中のバガテル
7.lost theme
8.bolerish
9.asience
10.seven samurai
11.Musica Callada I
12.lost child
13.bibo no aozora
14.happyend
15.the last emperor
16.loneliness
17.the sheltering sky
18.tibetan dance
19.+33
20.put your hands up
21.aqua

特筆するのは5曲目の「compotision 0919」
この曲を弾く間は、携帯カメラで写真OKという企画で、
ここに載せた写真はその時に撮ったものです。
たくさんのシャッター音が曲調と相まって面白い感じに聴こえました。

その後は、すぐに「水の中のバガテル」
実は生で一番聴きたかった曲です。
ここは一旦MCを入れて携帯の電源を切る時間が欲しかったなあ。
次の曲の間中も撮影し続ける人がいたし、
演奏中にパラパラと携帯を鳴らしている人がいたので
気が散って演奏に入り込めなかったです。
2日目は、教授自ら「昨日は次の曲までズルく撮ってる人がいた」
と笑いを取るMCもありましたけどね(笑)

2日目の19日のセットリストは、
まだHPにアップされてないのでここには書きませんが、
初日とは全くと言っていいほど違う選曲で
8~12、14~19、21の12曲は演奏せず、
変わりに以下の曲を弾いてくれました。

tango
fountain
青猫のトルソ
sweet revenge
normandia
chanson
silk endroll
women without men
鉄道員
aubade
tamago
choral no.1

個人的には2日目の方が意外性のある選曲で楽しめました。
まあ初日にも行っていたこともあるんだけど、
「Playing The Piano 2005」では聴けなかった曲が多めだったので。

またMCは、初日はほとんどなくて物足りなかったのに比べて、
2日目は笑いを取る話も結構してくれて良かったです。

初日はとにかく弾く曲をひたすら探しているような、
手探りのような感じがあって演奏の調子もいまひとつのように感じました。
実際、9分ある「hibari」の演奏後に、
「今日は短く感じたなあ」と昨日より調子がいいみたいな発言もありましたし。

そうそう、「hibari」は初めて聴く人にはちょっとツライんじゃないかなあ。
最初の短いフレーズを延々9分間も続ける曲なんだけど、
いつになったら曲調が変わるのって絶対思っている人がいるはず。
せめて4分位のところでこうなるとか最後はこうなるとか、
解説してから弾いていただけると聴く方も面白いのになあ…と。
「簡単そうだけど複雑なんですよ」
って演奏が終わってから言われても万人にはわかりづらいです(笑)


2日間とも2時間きっかりで終わるコンサートでした。

未だ「戦メリ」を弾かず。
戦メリは私も少し飽きているんで聴けなくてもOKなんだけど、
2日目は有名どころの曲もあまり弾いてないので、
19日だけ来た人はどう思ったんでしょうね。
初日は万人向け、2日目はマニア向けって感じがしました。

この全国ツアー。
もう1回、4/23(木)のグリーンホール相模大野に行ってきます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マルゴー
2009年03月20日 21:37
せいごろうさん、こんばんは!

今日は練習会ですよね。
テンション上げて望めたんじゃないですか?
自分は今日は仕事の上、体調も崩し気味でございます。。

それにしても、どういうライブになるかと思ってましたが
とてもいい感じじゃないですか!
ウラヤマシー。

Youtubeで視聴もしてみました。
「compotision 0919」はミニマルが気になっている
今日この頃とても興味深い曲ですね。

また、ツアーパンフレットも気になります。
CD2枚ついてるんですか、詳細教えてください。

ではー。
マルゴー
2009年03月20日 22:05
追記。

ツアーグッズskmt09で案内されてましたね。。
また↑youtubeじゃなくてiTunesでしたね、失礼しました。

視聴では「tibetan dance 」もいい感じ♪
ではでは。
2009年03月21日 01:09
マルゴーさん
コメントありがとうございます。

はい!今日はムシの会に参加してきましたよ。
教授のピアノを聴き通しなんでやはり気は入りますね♪

今回のライブは毎回その場で演奏曲、曲順が決まるので
何度足を運んでも楽しめそうな感じですよ♪
ホントは20日も行きたかったぐらいです。
でも、iTunesの配信が翌日にはありますしね(^^;
でもでも、最後の方のオペラシティには都合がつけば
行ってみてはいかがですか?(^^)

すでにiTunesの視聴もされたようですね。
最初の2日間は直接見てるので購入を悩んでますが
できることなら全公演アルバム購入してしまおうかと
思案中です!

「compotision 0919」は面白いですよね。
「tibetan dance」は前にやすさんに振られた曲なんですが
やはりカッコイイので別の相手を見つけてやるかな(^^ゞ

ツアーパンフの詳細は掴めたようで良かったです。
体調を崩し気味とのこと、お大事になさって下さいね。
マルゴー
2009年03月26日 23:04
せいごろうさん、またまたこんばんは!!

今回のライブ配信はあらためてすごい企画ですよね♪
iTunesチェックが楽しみです。

各公演のプログラムも気になりますし、それぞれ味わいがありそうです。
iTunesでの視聴ではちょっとですが全公演押さえたい気持ちがわかります。
人気曲のバロメーターを見るとみなさんポイント押さえてるなって感じ。

一般販売で4.29狙ってみようと思います。
ではー。

2009年03月27日 00:43
マルゴーさん
またまたコメントどうもです!

iTunesのライブ配信はホントスゴイですよね♪
やはり行ってきた2日間のアルバム購入はしたんですが、
その後は様子見をしているところです。

> 人気曲のバロメーターを見るとみなさんポイント押さえてるなって感じ。

そうそう、そうなんですよ(^^)
バラ購入するなら同じパターンだなあって感じです。
20日はちょっとした事件があったらしく興味があるんですが、
同じ会場なんで購入をどうしようか迷ってます。
その後のものはセットリストを見ながら購入するつもりです。

> 一般販売で4.29狙ってみようと思います。

おお、いいですねっ!
折角の近場ですし、公演も終盤となると
安定したいいプログラムが聴けるかもしれませんよ♪