至高の1枚♪坂本龍一:/05

毎年お正月にNHK-FMで放送される特番を楽しみにしている。
坂本龍一が影響を受けた音楽のルーツを探る番組だ。
一昨年はクラシック、昨年は民俗音楽、
そして今年のテーマは洋楽ポップスだ。

オープニングで流れているのは生ピアノの演奏のようである。
この哀しげな曲はいったい何だろう?新曲だろうか?
曲紹介がない。気になる…。

さて、坂本龍一さんの音楽を聴き続けて何年になるのだろうか。
ホントに様々なジャンルの音楽を作り出す天才だと思う。

おいらの場合、教授との出会いはYMOなので
シンセサイザーを駆使したポップな曲は元々大好きである。
前述した「テクノポリス」をはじめ
「東風」「千のナイフ」などはその一例だ。
しかし、実はそれ以上に
クラシカルでドラマティックな曲の方が好きである。

さて、この「/05」は教授の過去の楽曲を中心に
ピアノだけの演奏でまとめたベスト盤といえるアルバムである。
「んもう、ずっとこんなのを待ってたんです、ボク」
まさにピアノ弾きとしてのおいらのバイブルといえる1枚だ。

残念なのは「Merry Christmas Mr.Lawrence」が
1作前のアルバム「/04」の方に収められてしまったことだろう。

「Energy Flow」「Aqua」「The Last Emperor」
「The Sheltering Sky」「Shining Boy & Little Randy」
一生弾き続けたいレパートリーとなる曲がみんな入っている。

特に「The Last Emperor」は教授の楽曲の中でも
演奏する上で最も難しい部類に入るものだと思うが
次々とドラマティックに展開していく構成のため
何度弾いても飽きがこない名曲である。

さて、2007年である。
2004年に発売した「/04」、2005年に発売された「/05」だが、
このアルバムの発売後「/06」はもうないと教授は言っていた。
ほんとになかった…。
もうこのようなピアノアルバムは作ってくれないのだろうか。
ぜひ、シリーズ化をお願いしたいところである。
教授、お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント