読んだ1冊◆「ピアノ力」をつける!:角聖子

この本を読んで知ったのだが、恵比寿麦酒記念館では
毎年父の日に「お父さんのためのピアノ発表会」をやっているそうである。

この著者の角聖子(すみせいこ)さんは
インタビュアー兼コメンテイターとして参加されているとのこと。
毎年、涙あり笑いありの素晴らしいドラマが展開されるそうだ。

大人からピアノを始めたものとしては、なかなか興味あるイベントである。
できれば今年の発表会には足を運んでみたいと思う。

『ブラインドタッチの練習』
今回この本を購入したのはこの章を読むためである。
小説以外の本を購入するのはとっても珍しい。

「手元を見て弾くくせがついてしまった人は、
鍵盤から目を離すこと自体に抵抗があり、暗譜をしてピアノを弾くことになる。」

…まさに自分のことである。
鍵盤を見ながらでないと弾けないため
楽譜は自然とインプットされることになっている。

「それでも目で鍵盤を追って弾けているうちはいいのだが、
難しい曲になるとそんなことはできなくなる。」

…まさに今練習している曲でつまづいているのである。
曲のスピードに目が追いつかないのだ。

ブラインドタッチ、これを今年のテーマのひとつにしてみたいと思う。
見なければ弾けないという思い込みは
さっぱりと流してしまうことが必要なようだ。こわいけど…。

でも、レパートリーの暗譜は今後も続けていくつもりだ。
ここはこだわりたいところである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やす
2007年01月24日 23:56
自分と同じです…。
基本的にほとんどの曲は手元みて弾きますよ♪
昔、相当やりこんでないとブラインドタッチは難しいですよね。
楽譜をパッと見た時に、ドコ弾いてたんだっけ…? 
って、よく思います。
自分もその本を持ってますが、内容が頭に入っておりませんので、父の日のイベントは初めてしりました…。
せいごろう
2007年01月25日 08:55
やすさん
コメントありがとうございます。

曲を弾き込んでくれば
鍵盤から極力目を離す意識は持っているんですけどね。

やっぱりレッスンなどで音をど忘れたときに
すぐに楽譜に戻れないのはツライところです。
最近は慣れてきたもんで
「え~と、どこでしたっけ?」と聞いてしまうんですが
これではいかんなーと思うわけです。

>自分もその本を持ってますが、内容が頭に入っておりませんので、
>父の日のイベントは初めてしりました…。

私もここは自分が恵比寿で弾いていなければ
読み流していたと思いますよ。(^^ゞ
ムシクン
2007年01月28日 12:25
恵比寿麦酒記念館では色々とやっているんですね~。

楽譜を見て練習するのに慣れている人は、
逆に手の動きをよく見ることも大切なようです。
先日ブログつながりの人の日記でトリルの練習について書いてあり、
トリルなどは指の動きを見ていると欠点が見えてくるそうで、
自分はあまりそういう練習はしていないなあと思いました。

楽譜を見ること、自分の動きを見ること、
どちらも大切なんでしょうね。

あと、「レパートリーは墓場まで」ですからね(^^)
僕もレパートリーだけは練習していますよ♪
せいごろう
2007年01月28日 14:14
ムシクンさん
コメントありがとうございます。

> 先日ブログつながりの人の日記でトリルの練習について書いてあり、
> トリルなどは指の動きを見ていると欠点が見えてくるそうで、
> 自分はあまりそういう練習はしていないなあと思いました。
> 楽譜を見ること、自分の動きを見ること、
> どちらも大切なんでしょうね。

なるほど~。
鍵盤を見ていても漠然となので細かな動きは見ていないものです。
昨日から弾き始めた曲にはちょうどトリルがあるので気にしてみます。

> あと、「レパートリーは墓場まで」ですからね(^^)
> 僕もレパートリーだけは練習していますよ♪

kantakuさんの名言ですね♪
2007年02月14日 18:02
こんばんは!デジたろうさんの
ところから飛んできました。
ブログ開設おめでとうございます!

いきなり私の言葉がでてきてビックリ!

この本読みましたよ。
この中で印象に残っている言葉は
「ノーミス演奏なら自動ピアノの方が得意ですよ」
という言葉ですね。
ノーミス至上主義と闘うには素晴らしい言葉です。

「暗譜は難曲に向かない」という話はいろんな
ところで聞きますが、私の場合、
カンパネラもラフマニノフも
暗譜で乗り越えましたので、やはり暗譜道を
進みたいと思います。「見ながら弾く」は
なかなか無理ですねえ・・・
ただし、本当に好きな曲しか
暗譜で乗り越えるのは難しいです・・・
せいごろう
2007年02月14日 18:59
kantakuさん
ご無沙汰してます!

>いきなり私の言葉がでてきてビックリ!

いや~kantakuさんにはぐっと来る名言が
たくさんあって素晴らしいと思ってます!

ぜひ自分もそうありたいと
多少アレンジを加えたものを
近々部屋に張り出して気合を入れようと思ってました。

まあ、見ながら弾けるようになるのは理想ですが
私も暗譜道は突き進みますよ。

もちろん難易度が高くても弾きたい曲からね!(^^)