seigoro Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑さと寒さ♪

<<   作成日時 : 2009/08/13 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

久々に夏らしい暑さだった!
信じられないと驚かれる人がいるかもしれないけど、
うちでは冷暖房を一切使わない生活をしています。
寒暖の差は、全て衣類で調整する生活です。

もちろん防音室も同じです。

ピアノの湿度対策のために小型除湿機は置いてますが、
今年は今のところ涼しかったし、
体感的にも湿度の厳しさを感じる日がなかったので、
全く使っていない状況です。

防音室のいいところ。
冬は暖かいってことです。
4℃くらいは違うよって言われました。

それでも冬の防音室は、通常5℃くらいって感じです。
しばらくいると8℃くらいには上がりますが、
自分の体温だけだと10℃はなかなか超えてくれないですね。
最初は指がうまく動かなくてちょっと難儀します。

逆に夏。
3.5畳の密閉空間は見る間にどんどん温度が上がっていきます。
30℃超えなんてあたりまえ。
今日は入る前から31℃になってました。
でも、指はよく動くので練習にはいい感じです


冷房の冷気は苦手だけど、冬の冷えは空気も澄み渡って清々しい。
暖房の暖かさは気持ち悪いけど、夏の暑さは爽やかささえ感じる。
わかります…よね?

夏は噴き出す汗を流すのが心地好いと思うし、
冬の厳しい寒さに身が引き締まる感じもいい。

ありのままに季節を感じるのって気持ちいいんです。
夏冬両刀遣い
極端かもしれませんけどね。

でも、来客があるときだけは別ですよ。
コンセントは抜きっぱなしですが、エアコンはありますので

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
せいごろう宅、来客時にエアコンがあると聞いて一安心。
て、合宿に誘われてるわけではないですがー(笑)

最近読んだ小説に
「恋をすると夏の暑ささえさわやかに感じるものだ」(4TEEN)と。
確かにありますよね〜!
常に季節感を気持ちよく感じたいものですw
えつ
2009/08/14 00:10
これってピアノによくない環境だと思うんですが、、、
ピッチなんてそうとう狂ってるんじゃありませんか? ピッチだけならいいんですが、ハンマーとか傷みます。
気温と湿度はなるべく一定にしましょう。せっかくのピアノが死んでしまいます。響板が割れちゃいますよ。
エアコンなしはふつうの部屋だけにして、防音室はうまく使ったほうがいいと思います。
ピアノって楽器自体が大きいからあまり感じませんが、ちょっとしたことでピッチやタッチが変わる繊細な楽器です。
通り過ぎようと思ったのですが、あまりにピアノがかわいそうで寄り道しました。
リスト大好き
2009/08/14 04:33
えつさん
コメントありがとうございます。

あはは、合宿してみたいですかー。
とか言っちゃってー<姫ちゃん
うちは夏冬は厳しいよーって
近しい人には前から言ってるんだけど、
…基本夏冬って人が来てないかもです。。。

小説は石田衣良さんですね。
この作家さんにはまだ手をつけてないですねえ。
そっかー恋と関係あるのかぁ♪
だからかー(笑)
せいごろう
2009/08/14 06:05
リスト大好きさん
コメントありがとうございます。

心配されるのは当然ですよね。
これ、ピアノを買うときに一番悩んだことなんです。
独り者だし日中は管理しきれないなあ、と。

最初はエアコン管理を検討しました。
かなりのコスト増になることから考えを捨てて、
季節に逆らわず自然の流れに沿わせることにしました。
日本製のピアノにしたのには意味があって、
外国製に比べて環境に強いことを聞いたからです。
それ以前に価格の問題もありますけどね(^^ゞ

その分、湿度には気をかけてます^^
最初から温・湿度計も設置して環境の変化を見ました。
防音室購入と同時に除湿機はいろいろ検討しましたよ。
小型のものだと時間タイマー式が多い中、
湿度感知で高いときだけ動作するタイプのものです。
当時は1回のみ感知のものばかりでしたが、
何度でも動作する唯一の機種でした。

ピッチについてはこれが安定しているようです。
練習会で使うピアノこそ何でこんなに狂うんだろ?って
感じることも多々です。
むしろエアコンの入切で人間の環境に合わせ過ぎる事が
ピアノにも良くないんじゃないって思ってます。

ムシにはいつも2時間近くかけて参加する田舎暮らしなんで
これがピアノにも幸いしているんじゃないかなあ。
日中は暑くなるけど夏なのに夜はまだ寒くて
窓も開けっ放しにできない環境だったりします(^^;

ピアノの管理は難しいですよね。
所有する以上、日々の暮らしとの兼ね合いもあって
ピアノ自体にはあきらめてもらってます。
この管理の根っこにはもっと深い話があるんですが、
辛辣過ぎてここには書けないです(笑)
せいごろう
2009/08/14 06:15
ピアノの管理は悩みますよねー。
私の場合は実家にあるので母にまかせっきりですが^^;

先日、調律してもらった時に質問してみたら「人間が気持ちがいい温度がベスト」とおっしゃってましたが、一番良くないのは「激しい温度差」とおっしゃってましたよ。
なのでエアコンのつけたり消したりも逆に良くないのかなーとも思ったり。。。

普段から部屋の空気を入れ替えたりしていれば国産のピアノだったら大丈夫なんじゃないですかね^^

それぞれのピアノにも性格があるでしょうしね。
ちょっとくらい暑くても大丈夫の子もいれば逆の子もいるでしょうし、調律師さんとよく相談して「いーこいーこ」してあげてください♪
みき
2009/08/15 08:02
こんばんは(^v^)
冷暖房に頼りっきりの温度調節苦手人間なんでダメダメの私ですが(≧∇≦)
ピアノ購入の時にはピアノ買ったところからピアノ管理グッズ?のパンフレットとか送られてきたので「いろいろ買わなくちゃイケナイの?」と思ってました。
でも調律の人が設置後来る予定だったんでその時に聞いてみたら様子みてからということだったのですが大丈夫な様なので結局何も買わずに済みましたr(^ー^*)
ピアノちゃんはともかく?弾く時に暑いのと、寒いのは私は無理かも〜。
今の時期で夜はちょっぴり寒い感じってところから、せいごろうさんの住んでいるところは「避暑地」みたいな感じなのかしらん(^v^)
ゆりゆり♪
2009/08/15 21:53
みきさん
コメントありがとうございます。

アコースティックが欲しいなあと思ったときは、
防音と管理面のことは考えざるを得なかったですからね。
実家のピアノは設置場所の環境が変わってないなら、
そんなに心配もしてないんじゃないですか〜(^^)
いつも弾いてあげられないのが残念ですね。

問題の「激しい温度差があるか」という意味では、
夏場の留守時の日中に温度はぐんと上昇するけど
季節の長い目で見てみれば緩やかな変化だと思います。
今の時期、帰宅時は家全体の中よりも
むしろ防音室の方が若干冷えている感じすらあります。
私が入ると当然あがりますけどね(^^ゞ

調律師さんからは環境に慣れて安定したみたいなので、
2年前からは年1回の調律で大丈夫だと言われています。
がんばってるのかな。褒めてあげましょうね♪
なでなで。
せいごろう
2009/08/15 23:59
ゆりゆり♪さん
コメントありがとうございます。

あはは、ゆりゆりさんは暑さ寒さが苦手だって、
前々から言ってましたもんね。
今回のブログを見たわが家の状況を知る彼女曰く
「そこは北海道よりも寒いよっ」ですって!
そうなのかなあ(^^;
どこに住んでも生き残れる環境適応人間のようです♪

管理グッズとかはいろいろ見たんですねっ。
私は夏場だけはフタの中の隅っこに
ピアノ専用の除湿剤は置いてたりしますよ♪

ピアノも同じ場所に置かれていれば、
環境の変化に慣れてくれるものみたいですよね。
度が過ぎているだろうかと少し心配にもなりましたが、
ピッチの狂いはないし、
生活パターンからも今以上の管理はムリなので、
このまま続けていこうと思ってます。

書いたように弾く時に暑いのはいいんだけど、
寒いのは指が温まってくるまでの時間的ロスはあるかな。

今もホント夜はちょっぴり寒いです。
うっかり窓を開けっ放しで寝たら絶対に風邪をひきますよ。
ここは山のふもとにある町だし、
確かに避暑地っぽいかもしれませんね♪
せいごろう
2009/08/16 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
暑さと寒さ♪ seigoro Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる