seigoro Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノムシのロゴマーク案♪(画像&解説付)

<<   作成日時 : 2007/02/11 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ロゴマーク案の経過発表は練習会後の飲み会の席で行われた。
最初から不採用レベルの遊び感覚で描いたものもかなりあったが
参加の皆さんには喜んでいただけたようでほっとしている。

また、描いた本人としても気に入っていた作品が
皆さんのご意見とほぼ一致したので、まあまあ満足しているところでもある。

さて、ピアノムシのブログでは
私のことを「デザイナーせいごろうさん」と書いてあるのだが
私は普通のサラリーマンで単なる事務員である。
いろいろ作っているとはいえ、単に趣味レベルで描いているに過ぎないことを
あらかじめお断りしておきたいと思う。

ムシクンが面白可笑しく書いているのは重々承知しているのだが
当人としてはと〜っても恥ずかしいものである。

さて、ブログでロゴの案を公開するにあたり
結局いくつ描いたのだろうと思い、改めて数えてみた。
なんと!バリエーションも含めて28種類もあるではないか。
「意外と作っていたのね♪」と自分自身が驚いているところである。

以前、言葉だけで説明したこともあったが、百聞は一見に如かずなので
今回はその一部を制作順に画像アップしつつ、解説を加えてみたいと思う。
(全ての作品は既にピアノムシのブログで公開中!)

#01
画像





ロゴで使用する文字はもちろん「ピアノムシ」である。
文字を使わずにピアノムシが表現できたら、それはプロの仕事だろう。
さて、まずはかっこよさげなアルファベット化と
単純にイメージできる鍵盤と虫を配置する構成は誰もが考えるところだと思う。
最初はロゴ作りを始める際からイメージの中にあった
冒頭の「P」の文字をグランドピアノに見立ててみた。
そして、虫といえば昆虫の王様「カブトムシ」が浮かんだので
最後の「I」の文字をカブトムシの角(つの)に見立てることにした。
この部分は意外と気付いてもらえず、制作者としては哀しいところである。
また、mushiを小文字にすることで「i」の点の部分を音符で表現している。

#01-2
画像







#01のバリエーションである。
「P」の文字の空洞を塗りつぶすことで、
よりグランドピアノに見える効果を狙ってみた。
併せて「A」「O」と「i」の点の囲み部分を
わかりやすい色で塗りつぶすことで軽くポップ感を出してみた。
おまけとしてはカタカナの文字表示と
ロゴをワッペン化してもいいように下地をつけている。

#02
画像




使えそうなフォント選びをしている中でできたロゴである。
最初は「P」の渦巻きをカタツムリに見立てて
触角を描き加えたりもしたが、なんか気持ち悪いのでやめてしまった。
結局は渦の部分が蝶の口管に見えなくもないだろうということで
最後の「i」の点の部分を蝶のシルエットに変えてみた。
あと「N」の縦棒を音符に描き換えるだけの簡単な仕上げである。
また、このロゴにはバージョン違いで色使いを変えたり、
文字配列を若干崩したものも制作したが、ここでの公開は省略する。

#03
画像









安易だが五線譜も使ってみたいアイデアのひとつだった。
それぞれの文字を音符に見立てて上下に崩して配置することによって
リズム感が出てきて楽しげな雰囲気になったのではないかと思う。
今回ご登場の虫は、五線譜の上を這う尺取虫だ。
実はこの尺取虫の配置は意外と悩んで今の場所に落ち着いている。
最後は五線紙から文字が浮き上がる処理を施して仕上げとした。
これも色使いを変えたバージョンが存在するが
ちょっとうるさい感じがするので公開は控えることにした。

#04
画像







これは思い切って鍵盤の絵をドカンと出してみたかったのと
宣伝も含めてピアノムシのプログアドレスを書き加えてみたいという考えで
単純に組み合わせて作った簡単なロゴである。
細かな文字が加わるだけで何となく豪華な感じがするものである。

#05
画像





これは元々のフォントの美しさだけでできてしまったようなロゴである。
「P」の縦棒の右余白スペースにブログアドレスを配置するだけで
結構さまになっているのではないだろうか。
まあ、これだけではあまりにもつまらないと思ったので
最後の「i」の点をトンボの胴体部分に見立てることで仕上げとした。
トンボのシルエットを赤くしているためか
秋っぽく何となく季節感のあるロゴになっているように思う。

#06
画像






#02のロゴをムシクンさんにお見せした段階で
蝶の部分がテントウムシにはならないかとのお話を受けていた。
実は#02にはテントウムシバージョンも存在するのだが
今回はそのテントウムシをメインに配置することと
横右側にあまり長くならない形でPianomushiを入れようと考えてみた。
その考えは文字組みを2段にすることで解決し、
間に線を一本引くことでロゴの引き締め効果を狙っている。
最後は右上の余白に「piano circle」の文字を配置して完成だ。
よくよく考えてみると「ピアノムシって何?」って思う人は多いだろう。
「ピアノサークルの文字表現もありだよね♪」
と今更ながら思ってしまったのはこの段階である。
このロゴは流れるようなフォントを採用しているためか、
「クラシックっぽいよね♪」というご意見をいただいた。

#07
画像








テントウムシをどうにかピアノムシそのものにできないものかと悩んでいた。
そのひとつの解決作が羽を広げたら鍵盤が出てくるというアイデアだ。
ついでにサークル仲間の表現として黒いテントウムシも描いてみた。
何となく仮面ライダーの顔っぽく見えて仕方がない。(^_^;)
どちらにしても意外と愛らしいピアノムシができたのではないかと思う。
併せる文字も可愛らしくひらがなを採用してみた。
しかし、文字部分に何の工夫もしていないため
個人的には完成度が低く…というか完全なる未完成作品となっている。
もう少し手を加えることで面白くなる可能性を持つロゴだとは思う。
また、実はこのテントウムシの制作過程で
硬い羽の下にある薄い羽が広がって鍵盤になっている仕様も描いている。
これはいずれ完成度をあげて公開したいと思う。

#08
画像






グランドピアノの上に文字を配置するのはありがちだと思いつつも
とりあえず作ってみることにした。
余白には「We Love Piano.」というキャッチも加えてみた。
ピアノムシに相応しいもっと面白いキャッチのアイデアがあればいいのだが。
さて、このロゴでは「最後の「/」は何?」といった質問を受けたが
これは単純な文字配置だけではつまらないと思ったので
pianomushiの文字だけを拡大したプログアドレスの表示だからである。
この辺の意図が伝わらないようではロゴ制作者としては失格であろう。
そもそもここでロゴの解説をしていること自体が
なんなのかという話にもなってしまうのだが…。(^_^;)

#09
画像




鍵盤を意識して単純に白黒を交互に表現するだけのアイデアである。
おまけとしてmushiの部分だけ、ひと筆描き風にいじってみた。


#10
画像




一見スゴイように見えるかもしれないが
文字の中に音符が書かれているフリーフォントがあっただけの話である。
少しは手を加えないといけないだろうと思ったので、
文字の外側に赤の太めの下地とくっきり感を出すための黒いライン、
さらに影を加えて完成である。制作時間はわずか5分。
実はこのロゴを制作中に、この音符部分を
デジたろうさん作曲のピアノムシジングルの旋律に差し替えることも考えていた。
昨日の練習会ではうっかり聞き忘れてしまったのが残念なところである。

ということで、今回は11作のご紹介をしてみた。

次回はこれこそ遊びで作った
パロディーもののイベント限定ロゴなどを見てもらおうかと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これは本当に正直な感想なんですが、
初めて拝見した時に、「プロの仕事だ!」と思ってしまいました(> <)

せいごろうさんのまた違った才能に驚きの連続だった1日でした♪
デジたろう
2007/02/11 21:55
遅くなりましたが、丁寧な解説日記をありがとうございました。

実はこうやって解説していただけるとすごくありがたいです。
ロゴマーク一つとっても、作成者の解説を聞くことで
グッと理解が深まり、見方も違ってくるんですよね。
家族にも聞いてみましたが、わりと好みが分かれまして、
改めてクオリティーの高いロゴマークなんだと思いました。

で、どれがいいかと聞かれると・・・
ますます何とも選べないというのが正直なところですね。

よく見るとまた違った感じに見えますので、
皆様にもなるべくこちらを参照していただくようにしますね。

引き続き、どうぞよろしくお願いします(^^)
ムシクン
2007/02/11 22:24
デジたろうさん
コメントありがとうございます。

> これは本当に正直な感想なんですが、
> 初めて拝見した時に、「プロの仕事だ!」と思ってしまいました(> <)
> せいごろうさんのまた違った才能に驚きの連続だった1日でした♪

お褒めいただきありがとうございます♪m(__)m

中学の頃までは音楽よりも美術の方が好きだったんですが
このような機会を得ることで
久々にデザインすることに目覚めてしまいました。(^^ゞ

ピアノの方も頑張りますんで
今後ともお見限りなく…。m(__)m
せいごろう
2007/02/12 00:40
ムシクンさん
コメントありがとうございます。

> 家族にも聞いてみましたが、わりと好みが分かれまして、
> 改めてクオリティーの高いロゴマークなんだと思いました。
> で、どれがいいかと聞かれると・・・
> ますます何とも選べないというのが正直なところですね。

デザインには好みがありますからね〜。
皆さんのご意見は参考になり、とっても楽しいけど
最後に選ぶのはムシクンさんですよ♪

> 引き続き、どうぞよろしくお願いします(^^)

あはは、もっとどんどん作れってことですね。

了解です♪(^o^)\
せいごろう
2007/02/12 00:42
こんばんは^^
遅くなり書き込みさせて頂きます。
ロゴ…
着て演奏するんですよね(*⌒ー⌒*)多分…
自分はかぶりもの&着るものも好きなので、何でも着させて頂きます♪

個人的にはピアノの画像が入ってた方がと思うのですが、どうでしょう?
せいごろうさんのデザイン、ホント素人には見えないですよぉ|ω´・;)
やす
2007/02/14 20:52
やすさん
コメントありがとうございます。

練習会では「やすさんは仮装好き♪」
って話も出てましたよ。(^^)

ただ今度の会場は広いんで
折角のロゴをつけても目立たないんだろうな〜。
やるなら思い切ったことをした方が
注目度は俄然アップですよ。
期待してます!!(^_^;)

せいごろう
2007/02/15 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピアノムシのロゴマーク案♪(画像&解説付) seigoro Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる